一般入試での校内順位(合格者)の決定方法

愛知県教育委員会は、全日制課程一般入学における各高等学校の校内順位の決定方法について次のように発表しています。
評定得点(いわゆる内申点)は調査書の9教科の評定合計を2倍にした数値(最高90点)とする。

学力検査は国語、数学、社会、理科、外国語(英語)の5教科で実施し、各教科20点の配点(合計100点)とする。

ア:一般入学受検者のうち、調査書の評定合計と学力検査の結果が一般入学募集人員内にある者を「A」とし、これに属さない者を「B」とする。

イ:校内順位の決定は「A」、「B」の順序で行い、「A」については従前どおり調査書の評定合計と学力検査の結果を同等とみて順位付けを行う。

ウ:「B」については、次のⅠ、Ⅱ、Ⅲのいずれかの方式を選択したうえで、面接の結果等とあわせて総合的な判定により順位付けを行うこととする。
Ⅰ (評定得点)+(学力検査合計得点)
Ⅱ {(評定得点)× 1.5 }+(学力検査合計得点)
Ⅲ (評定得点)+{(学力検査合計得点)× 1.5 }
つまり、
Ⅰの方式を選択している学校は、内申点と学力検査を同等にあつかう。
Ⅱの方式を選択している学校は、内申点を重視する。
Ⅲの方式を選択している学校は、学力検査を重視する。
ということになります。