愛知県の公立高校入試の制度

複数選抜制

愛知県では高校入試に複数選抜制という制度が導入されています。
これは、すべての高校をグループ分けをし、最終的にAグループ、Bグループの中からそれぞれ1校づつ選び、合計2校の受験が可能となる制度です。
普通科は、住んでいる地区によって尾張地区と三河地区に分かれます。
各地域の学校は第1郡、第2郡の2つの郡に分かれ、さらにA、Bと2つのグループに分かれます。
専門学科は、地域や郡による分け方はありませんが、A、Bの2つのグループには分かれます。

尾張地区と三河地区(普通科のみ)

各高校は、まず地域で2つに分かれます。
生徒は、住んでいる場所により、受験できる地区が決められています。

尾張地区
名古屋市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、津島市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、東海市、大府市、知多市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清洲市、北名古屋市、弥富市、愛知郡、西春日井郡、丹羽郡、海部郡、知多郡

三河地区
豊橋市、岡崎市、豊川市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、新城市、知立市、高浜市、田原市、幡豆郡、額田郡、西加茂郡、北設楽郡、宝飯郡

※大府市や刈谷市知立市など、地区の境界線の近くに住んでいる生徒の場合は、特例として地区をまたがっての受験校の選択も出来ます。

第1郡と第2郡(普通科のみ)

各高校は、それぞれの地域で第1郡と第2郡に分かれています。
生徒はどちらか選択した郡の高校しか受験できません。
ただし平成19年度から1・2郡共通校があり、その場合は選んだ郡に関係なく受験できます。

AグループとBグループ(全学科)

さらに各高校は、AグループとBグループに分かれます。
生徒は、それぞれのグループから1校ずつ受験できます。
AグループとBグループはテストの実施日程が異なります。

第一志望と第二志望

生徒は、選んだ高校に対して、どちらが第一志望で、どちらが第二志望を選択します。